※初回限定価格

※翌月以降1980円/月(税込2,178円/月)の

正規価格が課金されます

月額会員制サービス・丸谷元人の「月刊インテリジェンスレポート」(毎月配信、通常販売価格1,980円(税込2,178円)/月額)をお試しいただいた方限定で
<特別対談>丸谷元人×元自衛隊陸将・福山隆「アメリカで革命が起きる日」(定価4,980円)を100円(税込)をセットでご提供!

月刊インテリジェンスレポート

お申し込み特典

※初回限定価格

※翌月以降1980円/月(税込2,178円/月)の

正規価格が課金されます

<講義アジェンダ・(約150分)>

※こちらは会員制コンテンツ 丸谷元人の「月刊インテリジェンスレポート」特別対談の一部です。

知られざる米国の内戦事情

Part1

〜日本メディアでは見えない裏側〜

黒人デモ抗議の原因は大統領選挙?

〜反トランプ化を利用する勢力の実態〜

Part2

米国版:文化大革命の再来?

Part3

〜アメリカで革命は起きるのか〜

アメリカが日本を捨てる日

Part4

〜アフターコロナの新・安全保障戦略〜

なぜ定価4,980円の特別対談が100円(税込)なのか?

理由は簡単です。それは、あなたに丸谷元人さんの月額会員制サービス「月刊インテリジェンスレポート」をお試しして欲しいからです。「月刊インテリジェンスレポート」では、誰もが知る超大手企業のコロナ対策を任された、丸谷元人さんが毎月、一般のメディアでは報じられない、最新のニュース解説をあなたにお届けします。


「インテリジェンスレポート」では、これまで次のような内容のニュース解説をお届けしてきました。


・「コロナウイルスの真実」クルーズ船、生物兵器、東京五輪… 

  コロナ対策アドバイザー・丸谷氏が見たもの


・「TikTokと5Gの正体」スノーデン暴露で進むEUのアメリカ離れ…

  〜新時代の世界諜報戦争〜


・「コロナ禍で揺れる大国の軍事行動」尖閣・台湾・グアム…

  なぜ今、中国軍が活発化するのか?日本に求められる"新・安全保障" 


・「金与正登場の真実」大統領選に向けた北の生き残り戦略…

  日本が恐れる統一朝鮮シナリオの行方…


・「パナマ文書・流出事件の黒幕」習近平、日本企業の名前もズラリ…

  今も世界でスパイ、密かにクーデターを計画する“ある組織”の正体とは?

丸谷元人の「月刊インテリジェンスレポート」とは?

*メイン講師:丸谷 元人(日本戦略研究フォーラム・政策提言委員)

*インタビュアー:谷本 有香(Forbes JAPAN Web編集長)


月額会員制サービス「インテリジェンスレポート」は、グローバル企業のテロ対策ユニットを歴任。世界の危険地帯を渡り歩いてきた危機管理のプロ:丸谷元人が、今、この瞬間にも起きているテロ・事件・戦争など、世界情勢の重要な動きを素早く分析。


大手メディアの隠蔽・情報操作から真実を丁寧に紐解き… 事件の本質や、背景にあるつながりを「裏で誰が得をしているのか?」といった観点から、鋭く解説します。(*本編は毎月1回・約80~100分程度のビデオを配信。その他、約30分前後の速報レポートを週1回ほどの頻度で配信します。)


ここでは遠い昔の話ではなく…海外、または国内で何か重要な動きがあるたび、タイムリーにレポートをお届けするので、、


✔︎今、TVや新聞で大々的に報じられているニュースの何が真実で、何が嘘なのか?(一面トップでデカデカと報じられるようなニュースにもたくさん裏や誤解があり、「え、あれも嘘だったの!?」と驚かれるかもしれません…)


✔︎ますます加熱する「米中覇権戦争」は今後どのようになっていくのか?(丸谷さん曰く、アメリカも中国も一枚岩ではなく、常に国内で激しい派閥・権力闘争を戦っています。この実態を知らなければ、世界が今後どのように動くのかも、なかなか理解できないでしょう…)


✔︎憲法改正・スパイ防止法・核武装… 激しさを増す世界で、日本の防衛はどうすべきか? 今できるベストな解決策とは何なのか?(今の日本は政治家・国民が軍事に疎すぎるため、残念ながらアメリカの“カモ状態”になってしまっているそうです… 自衛隊トップにも講演を行う丸谷氏が語る秘策とは…)


会員になると、このようなことがよくわかるでしょう。

2021年8月最新号:ワクチン接種完了後の世界

<Part1>

「恥さらしの東京五輪」 日本エリートのリスク管理のなさ

<Part2>

「モデルナなら安全なのか?」 急増するワクチン接種後の死者

<Part3>

「イラク戦争を超える米ワクチン死者」 没収されたワクチン以外の治療薬

<Part4>

「日本人医師が暴露したワクチンの闇」国民を見捨てる菅政権

<Part5>

「山中教授ワクチン発言の疑惑」 ファイザーが進める3回目の接種

<Part6>

「米国のワクチン摂数者数の嘘」 握り潰された“黒人ワクチン”の内部告発

<Part7>

「次々に暗殺される反ワクチン大統領」 CNNにCIA...水面下で進む謀略活動

<Part8>

まとめ:ワクチン接種完了後の世界

「月刊インテリジェンスレポート」と他のサービスの3つの違い

⑴命がけで体得した情報分析スキル

丸谷さんはこれまで、複数のグローバル企業の危機管理チーム。テロ対策ユニットのマネジャーを歴任。世界の危険地帯に自ら赴き、任務をこなしてきました。

そのキャリアは、「銃無しでは空港から出られない」と言われるパプアニューギニアでの要人警護からスタート。時には、武装した地元マフィアの集団に自宅を取り囲まれたり… 


現地の部族に背後から銃撃されたことも、一度や二度ではないと言います。自らの命を守るため、敵味方の両方に人脈を作り、正確な情報を得る手段を体得。また、24時間。寝る時も銃を携帯し、1週間で1,000発を超える射撃訓練を行うなど、銃器の扱いを実践的に学びました。

⑵物事の本質を“利権”で読み解く

丸谷先生は、南太平洋・アフリカといった“莫大な資源”が眠る地域での勤務を通し、現地での情報収集にあたる中で体感したことがあります。それは、メディアの報道に踊らされるのではなく、「今この瞬間、誰が得をしているのか?」という観点で物事を見ていけば、真実がわかる。表には出ない本当の事件の黒幕や、狙いにたどり着くことができるということです。


主に欧米の報道をそのまま横流しにするだけの日本メディアでは、全くと言っていいほど出てきませんが… 利権で読み解けば、石油などの資源が溢れる場所で起きる事件やテロの背後には、必ずアメリカ・中国・ロシア・EUといった大国がいる。そんな構図があることに気づいたのです。


例えば、竹島・尖閣・北方領土など、、領土問題で日本が隣国と揉める…そうなれば、日本を占領したアメリカに日本人の矛先は向かない… 中国や北朝鮮による侵略の脅威から、アメリカ産のミサイルが飛ぶように売れる… などなど、、これによって本当に得をするのは誰なのか?一貫してこの観点から物事を見ていくことで、その本質が鮮やかに浮かび上がります… 

⑶独自の人脈・情報ネットワーク

丸谷さんはグローバル企業での勤務経験。また、危機管理のプロだけが参加できるテロや誘拐対策の訓練。アメリカ軍や海兵隊の訓練へ約半年に一度参加することで、豊富かつ特殊な人脈を作ってきました。


海外においては・・

-英米豪の特殊部隊や米海兵隊員(元同僚や訓練で知り合った方々)

-韓国軍やインド軍、イスラエル軍の精鋭部隊

-各国の情報機関出身者

-アフリカ、南太平洋勤務で出会った現地の政府高官、警察、部族、マフィアといった現地情報を豊富に持つ人たち


日本においては・・

-防衛省幹部、陸海空自衛隊の将官、統合幕僚長経験者(過去には防衛大学でも講演。防衛省から分析を依頼されるなど、度々交流があります)

-大手企業の幹部(危機管理のクライアント)

-さらには戦時中「撃墜王」と呼ばれた日本軍の元戦闘機パイロット


などなど、、普通ではとてもアクセスできない人たちとの繋がりがあります。なので、重大な事件やテロが起きた時、専門的なことは彼らに直接ヒアリングをすることで、より確かな裏付けが取れる。時には、そうそう表には出てこない現場の生情報を得ることができるので、毎回しっかりとした根拠があり、納得感があります。

著者プロフィール

国際派ジャーナリスト・危機管理コンサルタント

丸谷元人

まるたに  はじめ

パプアニューギニア、ナイジェリア、中東など、主に治安が悪い地域での企業の事業展開支援・危機管理業務を数多く請け負ってきた。もちろん今でも現役で活動しており、時には自ら防弾車に乗ったり、銃を片手に要人の警護、大手企業駐在員の警護、イスラム過激派・民兵集団へのテロ対策、地元マフィア等への安全対策を行っている。


実際、毎週のように誘拐や人殺しがあるような地域で、自らの足と現地の人脈をフルに使って独自の情報を集め、安全対策から政治経済情報の分析まで幅広く行っていた経験の持ち主で、まるで映画のワンシーンのような経験談を聞くと「実際に日本人でこんな人がいたんだ…」と驚くほど。


自衛隊出身ではないが、軍事や危機管理、インテリジェンスについての豊富な知識と経験を買われ、防衛大学や陸海空自衛隊の将官経験者らに対する講演も行う。


現在でも海外における様々な軍事・危機管理の訓練に参加しその腕を磨き続けており、アメリカ海兵隊や全米ライフル協会・民間軍事会社の銃器取り扱いや射撃、対テロ戦闘の訓練を修了した数少ない日本人。


現在は、グローバル大企業(職務柄社名は明かせませんが…)の危機管理担当として従業員を守り、プレジデントなどの雑誌への寄稿、テレビ出演、書籍執筆など幅広い活動を行っている。


著書紹介

『ココダ遥かなる

戦いの道』

ハート出版

日本図書館協会選定図書

『なぜイスラム国は

日本人を殺したのか』

PHP研究所

『日本の南洋戦略』

ハート出版

『日本軍は本当に

残虐だったのか?』

ハート出版

『学校が教えてくれ

ない戦争の真実』

ハート出版

著名人からの推薦

英国海兵隊出身 

スティーブン・マスタレーズ

航空自衛隊 元空将 織田邦男

元自衛隊陸将・福山隆氏

先生の人となりは命懸けの“現場“で鍛えられたものだ。元軍人(自衛官)の私にはすぐにそのことが分かった。先生の理論は厳しい現場体験に裏打ちされたものだ。

丸谷氏は、パプア・ニューギニアでは事業を手掛け、アフリカでは石油関連施設でテロ対策や警護、警備の実務経験もある。その間、マフィアや労働組合との交渉などを手掛けた現場の人である。卓越したインテリジェンス能力がなければ成功どころか、丸谷氏自身の安全さえ保てない修羅場を経験している。


丸谷氏は、戦術射撃や対人警護、対テロ戦闘および市街地戦闘に特化した教官として、すでに現役・退役軍人および法執行機関の要員に対する指導実績を有しております。氏が日本語と英語の両方で行う訓練指導は高く評価されています。

さらに、、会員様からはこんな感想を頂いています…

「インテリジェンスレポート」は2017年のサービス開始から、丸3年が経ちましたが、購読者の方からは以下のようなレビューをいただいています。


(*2020年10月7日調べ)

「子供達に語っていきたい」

“株取引に有用な情報を得たいと思い、購読させてもらいました。一言で言えば、まるでゴルゴ13を読んでいるみたいです。丸谷先生の命がけの取材に対して失礼かもしれませんが。。。でも、丸谷先生は本当に、ゴルゴ13みたいでかっこいいです!下手な日本の報道番組をみているより、100倍面白いし、納得できる情報です。


塾で社会を教えているのですが、先生から得た情報を少し出してあげると、生徒はとても興味をもち、社会の授業には生きた教材になってくれます。これからの日本を変えていくのは子供達です。マスゴミのプロパガンダを鵜呑みにしない大人になってくれるよう、これからも子供達に、先生から得た世界の見方を伝えて行きたいと思います^^”

※お客様個人の感想であり、成果や成功を保証するものではありません。

「出来事をより多角的に、より大きな文脈で」

“今まで主に新聞・TVから情報を得ていた人には、ショッキングな内容かもしれません。しかし、ビジネス上の判断や人生の選択の材料とするのが目的ならば、印象操作の偏向歪曲報道や的外れのニュース解説は、見聞きする価値が無いどころか、むしろ害悪でしょう。


丸谷先生は、現在世界で起きている出来事について、政治・経済・地政学・軍事技術・民族的な背景など、多角的に解説してくださるので、時間的にも空間的にも、より大きな文脈から理解することが出来ます。また生意気ですが、危機管理のプロとして、保守系の人にとって耳障りのいいことを言わないところも信頼できます。

※お客様個人の感想であり、成果や成功を保証するものではありません。

「“なるほどそういうことだったのか!”と視界が開ける」

“普通の生活者では見通すことができない裏情報を聞くと「なるほどそういうことだったのか」と視界が開ける感じがします。マスコミの情報だけでは無理で、やはり情報は自分で取りに行き、自分の頭で考え、納得することが大事だと痛感します。謀略渦巻く世界の中で、日本が生き残るために国民がもっとしっかりしなければ。日本人はあっさりしていて人が良すぎるのでは。タブー視するのでなく、国のことをもっと話し合いましょう。”

※お客様個人の感想であり、成果や成功を保証するものではありません。

「この情報によって誰が得をするのか」

丸谷さんのお話は非常に中身が濃く、面白くて、知ってはいけない話を知ってしまったという感じで、食い入るように見てしまいました。最近はこういった情報に触れているせいか、メディアの情報を鵜呑みにすることはなくなり、「この情報によって誰が得をするのか」「どのような意図で発信しているのだろうか」とか、モノゴトのウラを見るようになりました。真実を知ることはとても難しいと思います。


もちろん、丸谷さんのお話も100%鵜呑みにしてはいけないと思いますし、自分の頭で考え、深堀りして調べなければならないのですが、どれも丸谷さんがリアルな現場で得た情報ばかりでしたので、おそらく本当なんだろうなと思いました。お人柄もとても気さくな方なので楽しく聞くことができました。今後もこういった地上波では決して流れない情報を積極的に取っていき、賢く生きていきたいと思います。

※お客様個人の感想であり、成果や成功を保証するものではありません。

「開けてはいけないのはパンドラの箱とインテリジェンスレポート」

“インテリジェンスレポートは異質です。この情報を発信している丸谷先生は、命が狙われないのでしょうか。この情報を聞いている人の命は大丈夫でしょうか。そんな恐怖を覚えるくらいドキっとしてしまう内容です。テロの残虐さを考えば、不思議ではない話ですが、日本は平和ボケしています。丸谷先生の活動は広がってほしいと思います。”

※お客様個人の感想であり、成果や成功を保証するものではありません。

<追加ボーナス>その他にも、会員になればいつでも専用サイトで観れる“6つの特典ビデオ”

テロ、利権、秘密戦争…

危険地帯で働いてわかった「世界のリアル」講演録(月刊インテリジェンスレポート月額購読限定特典)

シリーズ・全6巻セット

*非売品講演録シリーズ。全てデジタル形式でのご提供につき、発送物はありません。メールにて専用の視聴リンクをご案内します。

実際に丸谷さんが世界の危険地帯での勤務を通し、命がけで得た情報… 今後、世界情勢を見る上で、ぜひ最初に知っておいて欲しい内容を厳選した講演録です。一般のメディアでは報道されない情報に… まるで映画のワンシーンのような丸谷さんの体験談に… あなたはきっと驚くことでしょう。

気になる価格は?

本来、危機管理のプロ:丸谷さんからこういった話を聴けるのは、これまで年商数百億〜数千億円といった、日本を代表するような企業の経営者・幹部社員などに限られていました。それに、個人ではなかなか払えないようなコンサルティング費用がかかります…


しかし、今の日本人のインテリジェンスがあまりに低いことへの危機感… そして、「ひとりひとりの意識を変えて、かつては強かった日本をもう一度復活させたい」という、丸谷さんの想いから… 多くの方にご覧いただけるよう「インテリジェンスレポート」の購読料は、新聞よりも安い月額2,178円(税込)にしました。しかも、最初の1ヵ月間は、100円(税込)のお試し期間付きです。

あなたへの特別なご案内をまとめると・・

*全てデジタル形式でのご提供につき、発送物はありません。メールにて専用の視聴リンクをご案内します。

※初回限定価格

※翌月以降1980円/月(税込2,178円/月)の

正規価格が課金されます

もちろん気に入らなければいつでも解約OK1ヶ月以内なら100円以外いただきません

「インテリジェンスレポート」をお試しいただいてから1ヶ月後には、自動的に正規メンバーになりますが、もちろんキャンセルはいつでもできます。まずはこれから1ヶ月、じっくりと試してみてください。それでもし気に入らなかったら、弊社のカスタマーサポート宛に電話1本。もしくはWebでのカンタン操作で、すぐに手続きを行います。期限内であれば、100円以外いっさい料金はかかりません。しかも、1ヶ月以内にリマインダーのメールを送るので、忘れてしまう心配もありません。


もし、仮に一度も試聴しないままキャンセルされたとしても、、今日セットで提供する“全ての特典”はお礼として、あなたに差し上げます。それくらい、提供するサービスの内容には自信を持っていますので、安心してお試しください。


気に入ってもらえたら、面倒な手続きなしに「インテリジェンスレポート」の正規メンバーになることができます。1ヶ月以降は、毎月2,178円(税込)です。


15年間で165万人のお客様に商品を提供

満足度は★4.7


私たちダイレクト・グループでは過去15年間で累計165万3,074名のお客様に、商品・サービスを提供してきました。(2020/7時点:自社調べ)


また、私たちのカスタマーサポートチームは91%のお客様から4つ星以上、うち81%が最高の5つ星の評価を頂いています。実際、休業日を除くと、48時間以内にはほとんどのメールに対応しているので、安心してご利用ください。


<カスタマーサポートの連絡先>

1.メールでの連絡:support@prideandhistory.jp

2.FAXでの連絡:06-6268-0851(24時間受付)

3.電話での連絡:06-6268-0850(平日10時~17時受付)

4.Webからの解約:https://dpub.to/cancel

1回限りの破格のオファー…最後に決めるのはあなたです

もちろん、最後に選ぶのはあなたです。でも、考えてみてください。あの戦争でも日本は主に「情報を軽視したこと」によって負けました。とっている情報が悪ければ、どんなにがんばってもいい結果にはなりません。それは、国家でも個人でも同じことではないでしょうか。


そして、今… 私たちは事実の根本を、真実を隠され、、考える能力を奪われ、、簡単に操れる人間になっているかもしれないのです… 事実、世界では一部の権力者・メディアによる「情報操作」が当たり前のようになされています。そして、ある国の政権を潰すため… 資源や利権を確保するため… テロや誘拐・反政府デモ・内戦など、敵国を貶めるための「謀略」が、今この瞬間も行われているのです…(日本でも戦国時代には謀略やスパイ活動が日常茶飯事でした。)


問題は、現代のわれわれ日本人の多くが、このような謀略や情報操作だらけの“現実世界”を忘れて、そこから目を背け平和ボケしてしまったことです。


「これは例えるなら、砂漠にいるラクダと同じ」そう丸谷さんは言います…


“ラクダは毒を持ったサソリに出くわすと、土の中に頭を突っ込んで、見なかったフリをします。明らかに身の危険が迫っているのに、そこから目を背けることで、危機はないと思い込む性質があるのです。世界から見ると、今の日本人は、砂漠のラクダととてもよく似ています…”

 

一刻も早く、私たち日本人ひとりひとりが目覚め、高いインテリジェンスを身につけなければ、強い日本。誇り高い日本を取り戻すことはできません…


私たち自身のためにも… 子供や孫の世代にツケを残さないためにも… まずは、私たち自身が何ができるかを考えていきましょう。そのために、このレポートで“知識武装”をしてください。


お申し込み方法は簡単です。このページの一番下にあるボタンをクリックするだけです。申し込みが済んだら、スグに全ての特典・本編動画を見ることができます。この破格のオファーは、今回1回限りのご提供ですので、先送りすることなく、今すぐお申し込みを済ませてください。

※初回限定価格

※翌月以降1980円/月(税込2,178円/月)の

正規価格が課金されます

「ダイレクト出版」「Direct Publishing」は、ダイレクト出版株式会社の登録商標です。

Copyright © 2021 Direct publishing. All rights reserved.